涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ) 台詞集 1話

涼宮ハルヒの憂鬱

 

もどる

 

            BGM(いつもの風景)

キョン

 サンタクロースをいつまで信じていたかなんてことは

 たわいもない世間話にもならないくらいの

 どうでもいい話だが

 それでも、俺がいつまでサンタなんていう

 想像上の赤服おじいさんを信じていたかというと

 俺は確信をもって言えるが、

 最初から信じてなどいなかった。

 幼稚園のクリスマスイベントに現れたサンタはニセサンタだと

 理解してたし、おふくろがサンタにキスをしているところを

 目撃したわけではないのに、

 クリスマスにしか仕事をしないじじぃの存在を疑っていた

 賢(さか)しい俺なのだが、

 はてさて、宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や

 悪の組織やそれらと戦うアニメ的、特撮的、漫画的

 ヒーローたちがこの世に存在しないと

 気づいたのは相当後になってからだった。

 いや、本当は築いていたのだ。

 ただ、築きたくなかっただけなのだ。

 俺は心の底から宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力者や

 悪の組織が目の前にふらりと出てきてくれることを望んでいたのだ。

 しかし、現実てのは意外と厳しい

 世界の物理法則がよくできていることに感心しつつ

 いつしか、俺はテレビのUFO特番や心霊特集を

 そう熱心に見なくなっていた。

 宇宙人、未来人、超能力者、そんなのいるわけねぇ

 でも、ちょっといてほしいみたいな

 最大公約数的なことを考えるくらいにまで俺は成長したのさ。

 中学を卒業するころには

 俺はそんながきな夢を見ることからも卒業して

 この世の普通さにも慣れていた。

 俺は大した考えも無く高校生になり、     この間←

 そいつと出会った。                ↑

(これから一年間よろしくお願いします。(自己紹介))↑

            BGM(なし)

涼宮ハルヒ

 東中出身涼宮ハルヒ

 ただの人間には、興味がありません。

 このなかに、宇宙人、未来人、異世界人、超能力者が

 いたら私のところに来なさい。

 以上。

キョン

 (これ、笑うとこ?)

            BGM(不明)(調べます)

キョン

 (えらい美人がここにいた。)

 (あっはぁぁ〜)

岡部先生

 あぁぁーでは次

キョン

 (誰もが冗談だろうと思っただろう  この間←

  結果から言うとそれはギャグでも     ↑

  笑いどこでもなかった。         ↑

  ハルヒはいつでも大マジなのだ。     ↑

  こうして俺たちは出会ってしまたんだ。  ↑

  しみじみと思う。偶然だと信じたいと。) ↑

谷口                    ↑

 (東中から来ました。谷口です。      ↑

  趣味は・・・)→→→→→→→→→→→→→↑

 

OP

 冒険でしょでしょ?

 

            BGM(不明)(調べます!)

 

キョン

 (涼宮ハルヒは黙ってじっと座っている限りでは、

  一、美少女高校生にしか見えなかった。

  たまたま、席がまん前だったという地の利を活かして

  お近きになっとくのもいいかなと、

  一瞬ちまよった俺を誰が責められよう)

 なぁーしょっぱなの自己紹介のあれってどのあたりまで

 本気だったんだ?

涼宮ハルヒ

 しょっぱなのあれって、何!?

キョン

 だから、宇宙人がどうとか

涼宮ハルヒ

 あんた、宇宙人なの?

キョン

 違うけどさぁ・・・

涼宮ハルヒ

 違うけどなんなの!?

キョン

 いや、なんもなぃ

涼宮ハルヒ

 だったら、話しかけないで!

 時間の無駄だから!

            BGM(なし)

谷口

 もし、あいつに気があるんだったら、

 悪いことは言わん

 やめとけ。

            BGM(何かがおかしい)

谷口

 中学で涼宮と3年間同じクラスだったからよく知ってるんだがな

 あいつの鬼人ぶりはじょうきをいしてる。

国木田

 あの自己紹介?

谷口

 そう。

 中学時代にも訳のわからんことを散々やり倒していたなぁ〜

 有名なのが校庭落書き事件

キョン

 何だぁそれ!?

谷口

 石灰で白線引く道具あるだろぉ?

 あれ、なんちゅんだって!?

 まあ、いいや。

 それで校庭にでかでかとけったいな絵文字を

 書きやがったことがある。

 しかも、夜中の学校に忍び込んで

キョン

 その犯人があいつだったってわけか?

谷口

 本人がそういったんだから、間違いない。

 朝、教室に行ったら、机が全部廊下に出されてたことがあったなぁ

 校舎の屋上に星マークをペンキで描いたり、学校じゅうに変な

 お札をペタペタ貼りまくられたこともあった。

 {きょうし{教師?}?}が顔にはっつけているやつなぁ

 意味わかんねぇよ

 でもなぁあいつもてるんだよなぁ

 なんせつらがいいからさ                      ↑

 おまけにスポーツ万能で                      ↑

 成績もどちらかと言えば優秀なんだ。                ↑

 ちょっとばかし変人でも黙って立っていたらんなことわかんねぇ〜し  ↑

キョン                               ↑

 何してるんだ?あいつ?→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→↑

国木田

 それにも、なんかエピソードがあんの?

谷口

 一時期はとっかえひっかえってやつだったなぁ

 俺の知る限り、いちばん長く続いて一週間。

 最短では、告白されてOKしてから、五分後に

 破局してたなんてのもあったらしい。

涼宮ハルヒ

 (普通の人間の相手をしている暇はないの!)

            BGM(なし)

谷口

 ぅぇ?

 聞いた話だって!

 マジで。

 なんでか知らねぇけど

 こくられて、断るってことをしないんだよ。

 だからなぁ

 お前が変な気を起こす前に言っておいてやる

 やめとけ

キョン

 やめとくも何もそんな気は無いんだが・・・

谷口

 俺だったら、そうだな・・・

 あぁーこのクラスでの一押しはあいつだなぁ

 朝倉涼子一年の女の中でもベスト3には、

 確実に入るね

キョン

 一年の女子全員をチェックでもしたのか?

谷口

 おうよ!

 AからDまでランクずけして、そのうち

 Aランクの女はフルネームで覚えたぜぇ!

国木田

 朝倉さんがそのAなわけ?

谷口

 AAランク+だなぁ

 あれはきっと性格までいいに違いない!

キョン

 (ぅん)

            BGM(コミカルハッスル)

男子

 速ぇー

キョン

 (この時期、涼宮ハルヒもまだおとなしいころあいで

  俺にとっても心休まる月だった。

  しかしながら、ハルヒの{奇矯(ききょう)?}な振る舞いは

  このころから、徐々に{片鱗(へんりん)?}を見せていたと言うべきだろう。

 

  というわけで片鱗その1

  髪型が毎日変わる。

  月、火、水、木、金

  曜日が進むごとに髪を結ぶ場所が増えている。

  月曜日にリセットされて以降は金曜日まで一つずつ

  はたして、日曜日はどんな髪型になっているんだ?

  見てみたいような気もする。

 

  片鱗その2

  体育の授業は男女別に行われる。

  着替えは女が奇数クラス、男が偶数クラスに移動してすることに

  なっているんだが、まだ男子が残っているにもかかわらず、

  ほら、セーラー服を脱ぎだしやがった。)

涼宮ハルヒ

  はぁぁ!?

人々

 ギャーーーーー

キョン

 (どうやら、男子生徒のことはジャガイモぐらいにしか思ってないらしい。

 

  片鱗その3

  あきれることに、ハルヒはこの学校に存在するあらゆるクラブに

  仮入部していたのだった。

  運動部からは例外なく熱心に入部を薦められ、

  そのすべてを断って、毎日参加する部活動をきまぐれに変えたあげく

  結局どこにも入部することはなかった。

  なにがしたいんだろうかな?

  こいつはよ?)

            BGM(なし)

キョン

  (そんなこんなをしながらゴールデンウィークが明けた一日目)

谷口

 よ!

 キョン

キョン

 おう!

 (ちなみにキョンっていうのは俺のあだ名だ

  いい加減にやめてもらいたいのだが・・・)

 (あぁ

  今日は水曜日か

  などと考えつつ間がさしてしまったんだろう。

  それ以外に思い当たる節が無い。)

 曜日で髪型変えるのは宇宙人対策か!?

 (涼宮ハルヒに話しかけていた。)

涼宮ハルヒ

 いつ気づいたの?

キョン

 う〜ん、

 ちょっと前。

涼宮ハルヒ

 あっそう。

 私、思うんだけど、

 曜日によって感じるイメージってそれぞれ異なるような気がするのよねぇ〜

 色で言うと月曜日は黄色で、火曜日は赤で、水曜日は青で、

 木曜は緑、金曜が金色で、土曜は茶色、日曜は白よね?

キョン

 (なんとなくわかるような気もするが・・・)

 つうことは数字にしたら、

 月曜日が0で日曜日が6なのか?

涼宮ハルヒ

 そう。

キョン

 俺は月曜は1って感じがするけどなぁ。

涼宮ハルヒ

 あんたの意見なんか、誰も聞いてない!

キョン

 そうかい?

 

 (ぅーん)

 (ん?)

 (ぅーん)

涼宮ハルヒ

 私、あんたとどこかで会ったことある?

 ずっと前に

キョン

 いや。

 (きっかけ、なんてのは、大抵どうってことないことなんだろうけども・・・

  正(まさ)しくこれが、きっかけになったんだろうなぁ・・・

  しかし、ハルヒがまともな返答を寄こしたことは驚きだ!

  てっきり、うるさい!バカ!黙れ!どうでもいいでしょそんなこと!

  って言われるものばっかしおもっていたからなぁー)

  (だから、ハルヒが翌日、長かった髪をバッサリ切って登場したときには

  けっこう、俺は動揺した。)

 それにしたって、俺が指摘した次に日に短くするってのも短絡しすぐないか?

 おい!

涼宮ハルヒ

 別に。

            BGM(憂鬱の憂鬱)

キョン

 (あれ以来、ホームルーム前のわずかな時間にハルヒと話すのが

  日課になりつつあった。)

 ちょうど小耳に挟んだんだが、付き合う男全部振ったってほんとか?

涼宮ハルヒ

 なんで、あんたにそんなこと言われなくちゃいけないのよ!?

 何を聞いたか知らないけど、まあいいわ。

 たぶん、全部本当だから・・・

キョン

 一人くらい、まともに付き合おうと思ったやつはいなかったのか?

涼宮ハルヒ

 全然だめ。

 どいつもこいつも、アホらしいほどまともな奴だったわ。

 宇宙人でも、未来人でも、超能力者でもないし

キョン

 そりゃ、普通そうだろう。

涼宮ハルヒ

 告白がほとんど電話だったのは何!?

 そういう、大事なことは面と向かって言いなさいよ!

キョン

 まぁ、そうかな?

 (一応同意しておこう!)

涼宮ハルヒ

 そんなことはどうでもいいの!

キョン

 (どっちなんだよ!?)

涼宮ハルヒ

 問題はね。

 くだらない男しかこの世には存在しないのかどうなのってことよ!

 ほんとは中学時代ずっとイライラしっぱなしだった。

キョン

 じゃ、どんな男だったらよかったんだ?

 やっぱり、宇宙人か?

涼宮ハルヒ

 宇宙人!

 もしくは、それに準じるなにかね〜

 とにかく、普通の人間でなければ、男だろうか女だろうが

キョン

 どうして、そんなに人間以外の存在にこだわるんだ?

涼宮ハルヒ

 そっち方が面白いじゃないの!

            BGM(なし)

キョン

 はぁ〜〜

 

 あっはぁぁー

谷口

 おい、キョン!

 お前どんな魔法を使ったんだ?

キョン

 何の話だ!?

谷口

 俺、涼宮があんなに長い間しゃべってるの初めて見るぞ!

 お前、何言ったんだ?

キョン

 (さて、なんだろう?)

 (適当なことしか聞いてないような気がするけど・・・)

谷口

 驚天動地だ。

国木田

 昔から、キョンは変な女が好きだからねぇ〜

キョン

 誤解を招くようなことを言うな!

朝倉涼子

 あたしも、聞きたいなぁー

 わ(あ)たしがいくら話しかけても

 なーんにも答えてくれない涼宮さんがどうしたら話すようになるのか?

 こつでもあるの?

キョン

 わからん。

朝倉涼子

 ふーん

 でも、安心した。

 涼宮さんいつまでもクラスで孤立したままじゃ困るもんね?

 一人でも友達ができたことはいいことよね!?

キョン

 (友達ねぇ〜)

朝倉涼子

 その調子で、涼宮さんをクラスに溶け込めるようにしてあげてね。

 せっかく一緒のクラスになったんだから、

 みんな仲良くしていきたいじゃない?

 よろしくねぇ。

キョン

 (と言われてもなぁ・・・)

朝倉涼子

 これから、何か伝えることがあったら、

 あなたから伝えてもらうことにするから。

キョン

 (ぅーん)

 だが、待てよ!

 俺はあいつのスポークスマンでもなんでもないぞー!

朝倉涼子

 おねがい。

            BGM(うんざりだ)

キョン

 (席変えだそうだ。)

 ({ごーぐる?}の缶に入れられたくじを引いた俺は

  窓際後方二番目というなかなかのポジションを獲得した!

  さらば、ハルヒ

  For ever(フォーエバー)

  偶然だよなぁ〜)

 全部のクラブに入ってみたっていうのは本当なのか?

 どこか面白そうな部があったら教えてくれよ。

涼宮ハルヒ

 ない!

 全然!

キョン

 (即答しやがった。)

涼宮ハルヒ

 全然無い!!

キョン

 (どうやらこいつの口癖は

  「全然」のようだ。)

涼宮ハルヒ

 高校に入れば少しはましかと思ったけど、

 これじゃ、義務教育時代と何も変わんないわねぇ〜

 入る学校間違えたかしら?

キョン

 (何を基準に学校を選びをしているだろう)

涼宮ハルヒ

 ミステリー研修会っていうのがあったのよ。

キョン

 へぇ〜どうだった?

涼宮ハルヒ

 笑わせるわ。

 今まで、一回も事件らしい事件に出くわさなかったって言うのだもん。

 部員もただのミステリー小説オタクばっかで

 名探偵みたいなやつもいないし!

キョン

 そりゃ、そうだろう!

涼宮ハルヒ

 超常現象研究会にもちょっと期待してたんだけど、ただのオカルトマニアの

 集まりでしかないのよ!

 どう思う!?

キョン

 どうも思わん!

涼宮ハルヒ

 あーんもうつまんない!

 これだけあれば、少しは変なクラブがあってもよさそうなのに。

キョン

 無いもんはしょうがないだろう?

 結局のところ人間はそこに在るもので満足しななければないのさぁ。

 ゆうなれば、それをできない人間が発見やら、発明やらをして

 文明を発展させてきたんだ。

 空を飛びたいと思ったから、飛行機作ったし、

 楽に移動したいと思ったから、車や列車を生み出したんだ。

 でも、それは、一部の人間の{才覚(さいかく)}や

 発想で初めて生じたものであり、天才がそれを可能にしたわけだ。

 凡人たる我々は人生を{凡庸(ぼんよう)}に過ごすのが一番であってだなぁ

涼宮ハルヒ

 うるさい!

BGM(なし)

キョン

 (もしかしたら、この会話がネタ振りだったのかもしれん)

            BGM(ザ・強引)

キョン

 (それは、突然やってきた。)

涼宮ハルヒ

 あぁはん

キョン

 うわー

 ぁーぉーん

 何しやがる?

涼宮ハルヒ

 気がついたわ。

キョン

 何に?

涼宮ハルヒ

 どうしてこんな簡単なことに気づかなかったのかしら?

キョン

 何が?

涼宮ハルヒ

 無いんだったら自分で作ればいいのよ!

キョン

 だから、何を?

涼宮ハルヒ

 部活よ!

キョン

 (ぁぁ〜)

 まぁ今は落ち着け。

涼宮ハルヒ

 なにその反応!?

 もうちょっとあんたも喜びなさいよこの発見を!

キョン

 ぅん

 今は授業中だ!

国木田

 ぁはははーー

キョン

 (ぅん)

涼宮ハルヒ

 (部室ね部室ね)

            BGM(なし)

キョン

 ああ、あああ、ああああああ

涼宮ハルヒ

 協力しなさい!

キョン

 (喝あげされているような気分だぜ。)

 何を協力するって?

涼宮ハルヒ

 私の新クラブ作りよ!

キョン

 なぜ?

 俺がお前の思いつきに協力しなければならないのか?

 それをまず、教えてくれ!

涼宮ハルヒ

 あたしは部室と部員を確保するから、

 あんたは学校に提出する書類をそろえなさい。

キョン

 (聞いちゃいねぇ〜)

 何のクラブを作るつもりなんだ?

涼宮ハルヒ

 どうでも、いいじゃないのそんなの!

 とりあいずまず、作るのよ!

 いい!?

 今日の放課後までに調べておいて。

 私もそれまでに部室を探しておくから。

 いいわね!?

キョン

 うあ、ちょっとまた、またまた。

涼宮ハルヒ

 ぇぃ。

 これからこの部屋が我々の部室よ!

キョン

 ちょいまて、どこなんだよここは?

            BGM(好調好調)

涼宮ハルヒ

 文化部の部室棟よ!

 美術部や吹奏学部なら

 美術室や音楽室があるでしょ?

 そういう、特別教室を持たないクラブや同好会の部室が集まっているのが

 この部室棟

 通商休館この部屋は文芸部。

キョン

 じゃあ文芸部なんだろ?

涼宮ハルヒ

 でも、今年の春に三年生が卒業して部員0(ゼロ)

 新たに誰かが入部しないと廃部が決定していた唯一のクラブなのよ。

 で、この子が一年生の新入部員。

キョン

 じゃあ休部になってないじゃないか!

涼宮ハルヒ

 似たようなもんよ。

 一人しかいないんだから。

キョン

 あの子はどうするんだよ!

涼宮ハルヒ

 別にいいって言ってたわよ!

キョン

 ほんとか?

 それは?

涼宮ハルヒ

 昼休みにあったときに部室貸してって言ったら

 どうぞって。

 本さえ読めればいいらしわ。

 変ってると言えば変ってるわねぇ〜

キョン

 (はい。お前が言うな!)

長門有希

 長門有希

キョン

 長門さんとやら

 こいつはこの部屋をなんだかわからん部の

 部室にしようとしてんだぞ!

 それでも、いいのか?

長門有希

 いい。

キョン

 いやーしかし、たぶんものすごく迷惑かけると思うぞ。

長門有希

 別に。

キョン

 そのうち、追い出されるかもしれないぞ。

長門有希

 どうぞ。

キョン

 ぁぁぁ

涼宮ハルヒ

 ふぅーん

 ま、そういうことだから

 これから、放課後この部屋に集合ね。

 絶対来なさいよ。

 来ないと、死刑だから。

キョン

 わかったよ。

 (死刑はいやだからな。)

            BGM(なし)

キョン

 (で、次の日)

涼宮ハルヒ

 先に、行ってて!

 (ぇへ)

キョン

 なに読んでんだ?

 

 面白い?

長門有希

 ユニーク。

キョン

 どういうとこが?

長門有希

 全部。

キョン

 本が好きなんだなぁ〜

長門有希

 わりと。

キョン

 そうか。

 (帰っていいかな俺?)

涼宮ハルヒ

 ぅん、いや〜ごめんごめん遅れちゃった。

 捕まえるのに手間取っちゃって。

朝比奈みくる

 へぇぇ〜!

            BGM(不明)(調べます)

キョン

 (またしても少女だった。)

 (しかもすごく美少女だった。)

朝比奈みくる

 なんなんですかぁ?

 ここどこですかぁ?

 何でわたしここに連れてこられたんですかぁ?

 何でか、か、か、カギを締めるんですか?

 いったい何を?

涼宮ハルヒ

 黙りなさい。

朝比奈みくる

 ぅひゅん。

涼宮ハルヒ

 紹介するわ。

 朝比奈みくるちゃんよ。

朝比奈みくる

 ぁぁぅぅぅ。

涼宮ハルヒ

 (ふぅん)

キョン

 (紹介終わりかよ?)

 どこから拉致ってきたんだ?

涼宮ハルヒ

 そんなことしないわ。

 任意同行よ。

キョン

 似たようなもんだ!

涼宮ハルヒ

 二年の教室でぼんやりしてるところを捕まえたの。

 あたし、休み時間には校舎を隅々まで歩くようにしてるから、

 何回か見かけて覚えていたの。

キョン

 (休み時間教室にいないと思ったらそんなことしてたのかぁー)

 ぇ?ぁ、じゃあこの人は上級生じゃないか?

涼宮ハルヒ

 それがどうかしたの!?

キョン

 ぁーまぁいい。

 朝比奈さんか。何でまたこの人なんだ?

涼宮ハルヒ

 まぁ、見ててご覧なさいよ!

朝比奈みくる

 へふぅ

 へぇ?

涼宮ハルヒ

 めっちゃめちゃ可愛いでしょう?

キョン

 (危ない誘拐犯のようなことを言いだした。)

涼宮ハルヒ

 あたしねぇ、結構、萌えって大切なことだと思うのよねぇ。

            BGM(なし)

キョン

 すまん、何だって?

涼宮ハルヒ

 萌えよ萌え!

 いわゆる、一つの萌え要素

 基本的にねぇ。

 なにか可笑しな事件が起こるような物語には

 萌えでロリっぽいキャラが一人はいるものなのよぉ。

            BGM(おいおい)

涼宮ハルヒの

 それだけじゃないの。

 ぇぃ。

朝比奈みくる

 へ?

 どへぇぇぇぇぇぇぇ〜

涼宮ハルヒ

 ()私より胸大きいのよぉ。

 ロリ顔で巨乳?

 これも、萌えの重要要素の一つなのよ

キョン

 知らん!

涼宮ハルヒ

 あぁーもう、本当に大きいなぁ。

 なんか、腹立ってきたは。

 こんな可愛らしい顔してこんなに大きいなんて

キョン

 アホかお前は?

涼宮ハルヒ

 でも、めっちゃでかいのよ、マジよ!

 あんたも触ってみる?

朝比奈みくる

 へけ?

キョン

 遠慮しとく。

 するとなにか?

 お前はあのー朝比奈さんが可愛くて小柄で胸が大きかったからという理由なだけで

 ここに連れてきたのか?

涼宮ハルヒ

 そうよ。

キョン

 新鮮なアホだこいつ。 

涼宮ハルヒ

 こういう、マスコット的キャラも必要だと、思って

 みくるちゃんあなたなにかほかにクラブ活動やってる?

朝比奈みくる

 あのぉー書道部に。

涼宮ハルヒ

 あんじゃあ、そこやめて。

 我が部の活動に邪魔だから。

キョン

 どぉぁ!

朝比奈みくる

 あぁ。

 ぁっぁ!

 あぁ〜そっか〜

            BGM(なし)

朝比奈みくる

 わかりました。

キョン

 何がわかったんだろう。

朝比奈みくる

 書道部はやめてこっちに入部します。

 でも、文芸部ってなにをするところなのかよくわからなくて・・・

涼宮ハルヒ

 我が部は文芸部じゃないわよ。

朝比奈みくる

 ぇ?

キョン

 ここの部室は一時的に借りてるだけです。

 あなたが、入らされようとしているのは、

 そこの、涼宮がこれから作る活動内容未定で

 名称不明の同好会ですよ。

 ちなみに、あっちで座って本を読んでいるのが、

 本当の文芸部員です。

朝比奈みくる

 はぁ〜。

涼宮ハルヒ

 大丈夫!

 名前ならたった今考えたから。

キョン

 言ってみろ。

            BGM(SOS団始動)

 (皆の衆お知らせしよう。

  新しく発足するクラブの名は今ここに決定した。)

涼宮ハルヒ

 SOS団!

キョン

 (世界を(S)大いに盛り上げる(O)涼宮ハルヒの(S)団

  略してSOS団である。)

 (そこ、笑っていいぞ。)

 (本来なら、世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの同好会とでも、

  すべきなのだろうが。)

 (なにしろまだ同好会の{定(てい)})

 (何をする集団なのかもわかっていないのである。)

涼宮ハルヒ

 だったら団でいいじゃない。

キョン

 (意味不明なハルヒの一言により目出度くそのように決まった。)

 好きにしろよもう。

 

ED

 ハレ晴れユカイ

 

 

戻る(トップページ) 02話