こちらの作品へのご質問も どおぞ!!


模型製作生ライブ 不定期配信
過去の作品などは・・・・・・・・・・ここより

用語解説ページになります。
KAMINGKARS・・・・とは?

もともとは 自動車ボディー修理業が名前の由来です。

KAMINGは  生息地である 加美町の加美とINGをプラスした名前で

自動車ボディーに 美しさを加えるという意味でもあります。

あと 願望で COMMINGにも かけています。


KARSは

本名のKAKIMOTOとAutomobile

そして 修復とか再生という意味の

Reproduction

こちらは 最近流行り言葉の

レストアとかレストアレーションと似た感じの意味ですね

あとは SHOPまたは SOUL・・・

になりますが

当方は 現時点で店ではございませんので

今現在は SOUL・・・・魂になっています。

CARS・・・・車群・・・・という意味にかけています・・



私のWEBハンドルネームは・・・・

QOOです。

場所によっては

麻呂と 呼ぶ人もいます。

2006年くらいから クロネコと名乗るようになり

黒猫QOOが 私の総称となりました。

今現在も
黒猫という名と

柿本人麻呂という名を

使って WEBに生息しています。

余談ですが

歌人の柿の本 人麻呂氏は

私のご先祖様ですので

勝手に名前を使っていますが

著作権違反などと 言わないでくださいね・・・WWWW



私のWEBページは・・・・

運営しています 私 QOOのHPは 全てKAMINGKARSがブランドになります。

黒猫スタイルも人麻呂コンテンツも KAMINGKARSの中の壱コンテンツであり・・

模型の部門の造形関係は 全て 黒猫スタイルになります。

模型の部門のフィニッシュ・フニッシャー・仕上げ・・・・に関係するものは

すべて 人麻呂コンテンツになります。 

人麻呂コンテンツは 別名ペイントワーク・HITOMAROと 呼ぶ場合があります。

黒猫スタイルと人麻呂コンテンツは 姉妹サイトとして 運営しています。

なかでも 黒猫スタイルの中のタイトルで クレイ・G・モデルズというものがありますが

こちらは 別ページ管理にしないと 管理が大変だったので 

独立したものになりますが

こちらの 作品群は すべて 黒猫スタイルの壱作品でありますので

コンテンツ的には 黒猫スタイル・クレイGモデルズ・・・・になります。

クレイ・G・モデルズとは・・・

Crazy(クレイジー)ではなく

クレイモデルのCLAYで

Gというのは GUNDAM を表しています。




ちなみに一番 重要なのですが・・・


ここは アマチュアサイトです。


版権の問題等ありますので キットの販売はしていません・・・

しかし レジンワークは 何十年もしていまして ノウハウはあります・・

こちら 自動車の生産中止になったエンブレム等を

 リプロダクトしていた時代もありまして 

その技術を 模型に生かしています。

 はっきり書きますが

レジン作例=版権・・・・とすぐ 脳裏に走る人もおれるみたいですが

私には 壱作業技術でしかなく 知識さえあれば 誰にでもできる

簡単な作業でしかありません。

技術というより 知識程度のものです・・

 
ごくまれではありますが

レジンパーツと聞くだけで すぐに 版権・版権と

敏感に触覚に反応する方がおられます・

その手のイベント依存症やディーラーかぶれ病にかかっている

少し いかれた方には

ついていけません・・・ので あらかじめご了承ください。

※ ごくまれに そのような方より 

非常に迷惑な お言葉を頂くことがありますので・・ご理解ください・・

版権は 基本的に著作権と同じなので

公の場所で明らかに著作権違反に該当するような行為を

されている方などは とくに 版権について語るのは

ご遠慮いただきたいと思っております。

この辺も 理解して お付き合いいただければ・・と思っています。

ですので ある程度 勉強してから

語ってくださいますよう お願いいたします。



私の作品のシリーズ構成は

制作意欲やイメージを固めるために 

タイトルをつけて ネーミングしています・・

販売をするための 商品名ではありませんので ご理解ください・・

さらに ガレージキットとは

ファクターではなく 自分の敷地でバックヤードビルドとして

制作したものを ガレージキットと呼びます。

インダストリーに近い企業・団体などが 少量生産しているものも

ときおり そう呼ぶ場合もありますが

あくまでも 当方の
は個人レベルの バックヤードビルドキットと

ご理解ください・・・


私の作るものは個人趣味作品用です

 


補足・・・・無版権ガレージキットについて

当方の造形作品制作パターンは 大きく分けて 二種類存在しています・・

一つは・・・・  

一般的な素材 プラ板などを使って

造形していくワンオフ作品になります。


もう一つは・・・・・

上に記載させていただきました SOGKを使い 完成させる

造形作例になります・・

後者の方になりますが

自作したレジンパーツを使った完成作例を

すべて VGと名乗っています・・・

VGとは バイオレンスグレードの略号になります。

VGは 総称になりますが

キットパーツを改造してレジンで置き換えしたパーツや

完全自作したものを原型にしたパーツで

プラキットベースのコンバージョン仕様で完成の物や

フルスクラッチの原型の物を

完全レジン置き換えした物を完成させた作例等

様々なものが存在します・・



VGのバリエーションになりますが・・・

先に記載していますが VGには バリエーションがありまして

プラキットを利用して完成させるコンバージョンタイプの 

VGライト(旧名称)
※今現在は VGコンバージョンに改名

・・や・・



VGのパーツで 完全完成させることのできる
VGエスプリシリーズ(旧名称)のものもありました・・・


今現在 存在しているシリーズは

先に記載のある

VGコンバージョンと

マスターグレードのパーツは使わないで

フルレジンパーツで 構成されていますが

マスターグレード風に仕上がる

VGmgl (マスターグレードルック)

そして 完全フルスクラッチで再現された原型で

構成されている

VGFXシリーズ(フルスクラッチXシリーズ)

最後に 原型から依頼を受けて

手がけて仕上げさせていただいた

VGOrder


が 存在します・・・
Crazy
ワンオフ造形したものを・・・
当方の作例で ワンオフ造形したものを 総称で

スピリット・モデル・・・・または スピリット・シリーズと 呼んでいます・・

こちら 制作スタイルにこだわらず 

レジン置き換え・レジン複製を技法として使わない

作例として 一品しか存在していないものを 

総称で スピリットと名づけています。

ただ ごくまれに VG用に制作した原型を 

そのままフィニッシュ完成させる場合がありますが

こちらは スピリット・シリーズとして 公開している場合があります・・

今現在 こちら作例群の専用バナー・アイコンは 存在していませんので

クレイ・G・モデルズに 

公開中の ガンダムページ専用のスピリットシリーズの

ページトップの画像
のみが アイコンで存在しています・・
まだまだ続くが 更新はとりあえずここまで・・2014・9 現在